タレントあいさわみかの日記やお知らせなど


by aisawamica
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

恩師大槻秀元先生の葬儀

本日、恩師大槻秀元先生のお通夜に参列してきました。

東京は初雪。ロマンチック大好きな先生らしい演出。


素晴らしい葬儀でした。

「音楽伝道師」「歌の名手」と自負しておりました先生らしい

ご自身のライヴでの歌が流れる音楽葬でした。


ひさしぶりにお会いする先生は安らかに本当に眠っているようで

もしかしてどっきりじゃないか?いきなり起き出して歌ったりしないのだろうか

なんて思ってしまいました。


亡くなる一週間前にはライヴを、2日前にはいつも通り熱烈なご指導をされており

そしてその翌日はコンサートの予定だった、と、、、、本当に急だったそうです。

最後までご自身のおっしゃるとおり現役でしたね。

私の病気のことを気にかけて下さっていたと聞き、涙があふれて止まりませんでした。

レッスン来なさいね、とおっしゃって下さっていたのにこんな形で再会するとは。。

本当に優しくて明るくて、ポジティブな太陽のような先生でした。


生前、シャンソンの「さよなら」という曲をライヴの最後に歌うと、

聞きに来た方が本当に最後のお別れみたいだからやめて、と泣くんだ。

だから僕のお葬式用に録音しておこうかな?なんておっしゃっていたのを

思い出し、頭の中でぐるぐる回っています。

「さよなら あなたに今告げる さよなら 再び逢う日まで」



先生のお名前でググッてみてください。

お弟子さんが作られたブログや、ライヴ音源を聴くことができます。

私がUPしましたyoutubeの映像も見つかると思います。

先生らしい前説も入れてありますのでどうか笑って聴いてください。





2012.2.11には、生前予定されておりました門下生発表会を

予定通り開催するそうなので私も足を運びたいと思っております。

本当だったら舞台に上がっていたかったですね。

先生、天国から私たちを見守っていて下さいね。頑張ります。

皆さん口々に、本当に最後までお好きな歌を歌ってらして

歌手人生を全うした、幸せな人生だったに違いないでしょうと

言っておりました。

私もそう思います。泣き言を言わずいつも前向きで…見習って生きてゆきます。



6年間本当にありがとうございました。

本当に大きな偉大な先生でした。
[PR]
by aisawamica | 2012-01-21 05:24 | 音楽